生もと造りの日本酒
生もと造りの日本酒 生もと造りの日本酒

生もと造りの日本酒

トップページサイトマップEnglish Page

大七の酒造りの思想
大七酒造概要
大七ニュース
大七テーマパーク
大七ワールド
大七MAP
ショッピング

大七ワールド
ぶるわーず 松本隆男作品集 逸品を訊ねる 大七を愉しむ 大七ワールドインデックス

ぶるわーず

「雪しぼり生原酒・にごり酒」
コーボ今回お訪ねするのは、冬の季節商品としてお馴染みの、『雪しぼり生原酒』と『雪しぼりにごり酒』の雪しぼり兄弟だ。こんにちは!
雪しぼり兄弟やあ、コーボ君!
コーボええと、生原酒さんがお兄さんでしたね?
生原酒そう。僕の誕生が平成4年、弟のにごり酒が平成6年だ。コーボ君は僕らの名前の由来を知っているかい?
コーボそれをお聞きしたかったんです。素敵な名前だもの
生原酒これは有名な発酵学者の小泉武夫先生がくださったんだよ。ある日、小泉先生が『太田君、素晴らしいプレゼントがあるよ』と言われたのだが、それがこの名前だったんだ
コーボへえー、名前のプレゼントなんて、洒落てる!
生原酒東北の酒蔵にしんしんと雪が降る中でしぼられたお酒をイメージされたそうだ。社長はちょうど構想中だった僕にその名を戴いたんだ
コーボなるほど、それで雪しぼりか。見事にぴったりですね
雪しぼり兄弟僕らも大好きな名前だよ
コーボラベルのデザインにはどんな由来があるのですか?
生原酒僕が生まれた平成4年は、世の中では長年続いた級別制度が廃止され、大七にとっては創業240年という節目の年だった。そこで大七は、レギュラーの清酒大七をデザイン一新したんだ。その新しいデザインのモチーフは、芸術や技巧を象徴するアカンサスの葉だ。僕にも同じアカンサスが黄金に輝いている
コーボそうか。こちらも大七の新たな伝統を表現してるんだ
生原酒うん。かつては生もと造りの酒は十分な熟成が必須で、しぼりたてを原酒で飲むなんて考えられなかった。大七は技術力でその壁を初めて打ち破ったのさ。モダンなテーブルボトルの僕は、到来した新時代の象徴だったな
コーボ生原酒さんが白地に金、同じデザインでブルーメタリックのにごり酒さんは、二年後に誕生したんですね?
にごり酒そうだよ。当時は濃厚な甘口のにごり酒や活性清酒が流行していた。それで大七では、薄にごりの爽やかなにごり酒を考えたんだ
コーボにごり酒さんは独特の微発泡性が人気ですよね
にごり酒それは瓶詰めしてから瓶内で二次発酵させ、適度な微発泡性にしてから熱殺菌して安定させてるんだ。この独自のスタイルがとても受けた
コーボ活性清酒と違って熱殺菌してるからいつでも品質が安定してます。雪しぼりにごり酒を飲んで日本酒の美味しさに目覚めた、と言う人が沢山いますよ
にごり酒ありがとう。優しい香りと微炭酸が食欲を刺激するから食前酒に最適だよ。春野菜のほろ苦さにも、天婦羅にも合う。洋食ならソテーやスパイスを効かせた料理もいいね
コーボそれは美味しそう!にごり酒さんは海外でも人気者です。生原酒さんのほうは、合う料理はいかがですか?
生原酒そうだな、フレッシュで旨味の乗った力強い味わいの僕に合うのは、新鮮な魚介の刺身や生牡蠣あたりだろうね
コーボいいですね!生原酒さんには、しぼりたてからさらに半年余り熟成させた、熟成生原酒という限定版もあります
生原酒うん。熟成すると旨味、柔らかみが増して、料理との相性もずっと広くなる。アンキモや肉料理にもね
コーボ今日はありがとうございました。お二人とも、これからも頑張ってください!

BACKNEXT

INDEX

大七酒造株式会社
〒964-0902 福島県二本松市竹田1-66
TEL 0243-23-0007 FAX 0243-23-0008
E-mail:info@daishichi.com