日本酒の大七

日本酒の正統 大七の“生もと造り(きもと造り)”


 ようこそ、東北の地酒【大七酒造】のホームページへ。  大七酒造は1752年(宝暦二年)の創業以来、日本酒の最も正統且つ伝統的な醸造法である「生もと造り」一筋に、豊潤な美酒を醸し続けており、全商品が生もと造りの逸品です。  私達は、日本酒に何よりもまず“味わい”の深さを求めます。私達はまた、じっくりかけた時間と共に成長を続け、美質を大きく開花させる酒を求めます。そして私達は、自然に依拠した手造りを守ります。人間の叡智と熟練とを結集した日本酒であること。私達は醸造酒としての普遍的な価値を追究します。

■What's New

フランスのメジャーワイン誌、「La Revue du Vin de France」に大七が動画で紹介されています。(4/12)


■お知らせ

最新!書籍・記事掲載誌のご紹介(2013.12.3New)
原子力発電所事故への弊社の対策(2012.7.6更新)
お客様の個人情報取扱基準(2009.12.4)
大七酒造の新しい安全スクリューキャップ(2008.6.11)
見学を希望する方へ(2004.7.6)
品評会からの離脱のお断り(2002.7.1)


高野山開創1,200年記念酒の誕生
大七酒造フェイスブック
大七酒造フェイスブック 大七酒造フェイスブック
 

■大七ニュース

「第七回ものづくり日本大賞」経済産業大臣賞
 弊社の超扁平精米技術を利用した伝統的生酛造りの高級酒の開発と海外展開の功績により、弊社太田英晴社長が「ものづくり日本大賞」経済産業大臣賞に輝きました。これは日本酒業界では過去最高位の快挙です。
   この賞は、日本のものづくりを継承発展させるため、ものづくりの第一線で活躍する特に優秀な方々を顕彰する制度です。
 大七では匠の技を大切にする伝統から次々と「福島の名工」、「現代の名工」を輩出してきたこと、独自の考えに基づくオリジナリティのある技術を磨いてきたこと、そしてグローバルな視点に立って日本の誇るべき伝統技術で海外展開を進めてきたことが高く評価されました。
(2018.4.3)


二本松の提灯祭り、開催
(2017.10.4)
二本松市で「重陽の芸術祭 2017」開催。記念酒が登場しました。
(2017.9.16)
大七詠唱隊、福島市音楽堂で「酒造り唄」を披露
(2017.7.19)
7月8日(土)、ご愛飲感謝の夕べ
(2017.6.2)