日本酒の大七

日本酒の正統 大七の“生もと造り(きもと造り)”


 ようこそ、東北の地酒【大七酒造】のホームページへ。  大七酒造は1752年(宝暦二年)の創業以来、日本酒の最も正統且つ伝統的な醸造法である「生もと造り」一筋に、豊潤な美酒を醸し続けており、全商品が生もと造りの逸品です。  私達は、日本酒に何よりもまず“味わい”の深さを求めます。私達はまた、じっくりかけた時間と共に成長を続け、美質を大きく開花させる酒を求めます。そして私達は、自然に依拠した手造りを守ります。人間の叡智と熟練とを結集した日本酒であること。私達は醸造酒としての普遍的な価値を追究します。

■What's New

「重陽の芸術祭2017」記念酒、『SHIP'S CAT』発売。限定千本です。(9/19)


■お知らせ

最新!書籍・記事掲載誌のご紹介(2013.12.3New)
原子力発電所事故への弊社の対策(2012.7.6更新)
お客様の個人情報取扱基準(2009.12.4)
大七酒造の新しい安全スクリューキャップ(2008.6.11)
見学を希望する方へ(2004.7.6)
品評会からの離脱のお断り(2002.7.1)


高野山開創1,200年記念酒の誕生
大七酒造フェイスブック
大七酒造フェイスブック 大七酒造フェイスブック

地雷原を綿畑に!

 

■大七ニュース

二本松市で「重陽の芸術祭 2017」開催。記念酒が登場しました。
9月9日、重陽の節句から開会した二本松市の「重陽の芸術祭 2017」。二本松城の本丸跡には国際的な現代美術家、ヤノベケンジ氏の黒猫「SHIP'S CAT」が展示されています。
「SHIP‘S CAT」は、長い船旅のあいだネズミから貨物や船を守るために乗せられた猫で、船員のマスコットとして愛されたり、幸運を呼ぶ「旅の守り神」のような存在だった由。
この「SHIP'S CAT」ラベルによる公式記念酒を、大七酒造より発売いたします。お城の石垣をイメージした市松模様に、可愛い黒猫のイラスト。中味は定評のある本醸造生もとで、720ml入り1300円(税込)、限定1000本です。
(2017.9.16)


大七詠唱隊、福島市音楽堂で「酒造り唄」を披露
(2017.7.19)
7月8日(土)、ご愛飲感謝の夕べ
(2017.6.2)
佐藤孝信杜氏、本年の「現代の名工」に
(2016.12.4)
大七酒造、『第一回ふくしま産業賞』で、栄えある最優秀・知事賞
(2016.1.22)