生もと造りの日本酒
生もと造りの日本酒 生もと造りの日本酒

生もと造りの日本酒

トップページサイトマップEnglish Page

大七の酒造りの思想
大七酒造概要
大七ニュース
大七テーマパーク
大七ワールド
大七MAP
ショッピング

大七ニュース

女性が選ぶ世界ワインコンクールで、「生もと梅酒」が金賞
高野山開創1200年記念酒「銀漢」の後継酒は、「亀鏡(ききょう)」
明けましておめでとうございます。
本年頂きましたご愛顧に感謝申し上げます。
「第七回ものづくり日本大賞」経済産業大臣賞
二本松の提灯祭り、開催
二本松市で「重陽の芸術祭 2017」開催。記念酒が登場しました。
大七詠唱隊、福島市音楽堂で「酒造り唄」を披露
7月8日(土)、ご愛飲感謝の夕べ
佐藤孝信杜氏、本年の「現代の名工」に
大七酒造、『第一回ふくしま産業賞』で、栄えある最優秀・知事賞
佐藤孝信杜氏、平成27年度「福島の名工」に
田崎真也氏がコーディネイトする「玉依御前・銀漢」を楽しむ夕べ
高野山開創1200年記念酒の予約受付を開始いたします。
超扁平精米技術、『第11回エコプロダクツ大賞』の審査委員長特別賞に!
BACKNEXT
超扁平精米技術、『第11回エコプロダクツ大賞』の審査委員長特別賞に!



 大七酒造が長年追求してまいりました「超扁平精米技術を用いた清酒」が、3月の「ソーシャルプロダクツ賞」受賞に続いて、この度エコプロダクツ大賞推進協議会が主催する第11回エコプロダクツ大賞において、栄えある「審査委員長特別賞」を受賞しました。
 日本酒業界でのエコプロダクツ大賞関連賞の受賞は、初めてです。
 大七の超扁平精米技術は、玄米の表面にある糠分を満遍なく取り除く理想的な精米です。特に最も表面積が大きいのに最も削りにくい、厚み部分のヌカを徹底的に除去することに初めて成功しました。
 上図でおわかりのように、超扁平精米技術は、今まで到達できなかった極限の高品質に挑むための技術なのです。それでいて、正しく削るべきところだけを削っているために、精米歩合は50%に留まります。
 時代の要請に応える超扁平精米技術で、大七はこれからもさらなる美酒造りに邁進してまいります。

★「エコプロダクツ2014」に出展中の大七ブースが、「エコ&デザインブース大賞」において優秀賞を受賞しました。
 
 
 
(2014/11/27)

大七酒造株式会社
〒964-0902 福島県二本松市竹田1-66
TEL 0243-23-0007 FAX 0243-23-0008
E-mail:info@daishichi.com