受賞・採用

佐藤孝信杜氏、本年の「現代の名工」に

photo_1_1480862110.jpg

 大七酒造の佐藤孝信杜氏が、本年度の「現代の名工」に輝きました。長年、生酛造りのパイオニアとして一筋に研鑽を積み、今日の“生酛リバイバル”を牽引してきた佐藤杜氏。過去には鑑評会史上初めて、生酛造り純米大吟醸で、二度にわたり全国新酒鑑評会金賞を受賞。その後は鑑評会を離脱し、ひたすら世界をうならせる、熟成を経て大きく成長するスケール豊かな美酒の醸造に邁進してきました。
 サミットや欧州王室晩餐会など、世界の檜舞台で称賛された純米大吟醸、うま味豊かでお燗が際立つ純米酒、そして日本酒ベースの絶品梅酒。そのどれもが、食との相性をとことん追求して誕生した逸品です。佐藤杜氏の酒造りに懸ける“熱い想い”は、私共大七酒造の全員の思いです。
 創業以来264年、大七酒造はこれからも生酛造りを究めて、日本酒の次なるステージへの扉を開いてまいります。

このページをシェアする

  • LINEで送る
< 前へ 一覧に戻る 次へ >
< 前へ 一覧に戻る 次へ >