生酛造り 大七

大七酒造について

1752年(宝暦二年)の創業以来、大七酒造は日本酒の最も正統且つ伝統的な醸造法である「生酛造り」一筋に、豊潤な美酒を醸し続けてきました。伊勢国より二本松に来住して始まった大七の歴史は、現当主で十代目を数えます。近年では食事の中で活きる日本酒の美質を備えた味わいで、国内はもとより、世界から高い評価を得ながら、新たなる名酒の歴史を刻み続けています。

大七の酒造りの思想

私たちは酒造りにおいて、明確な考えを持っています。それは、酒の普遍的価値の追求、正統的な生酛造りへのこだわり、原料の潜在力を引き出すこと、世界へ伝える味わいの美学、そして、これらに集中し徹底することこそが世界に通じるという確信です。日本から世界へ。最良へのこだわりを胸に、人間の叡智と熟練とを結集し、味わいの深さと力強さ、そして洗練を求めていきます。

酒造りの技

伝統が革新と出会うところ−それが大七酒造です。精米から仕込み、瓶詰、貯蔵にいたるまで伝統的な手造りにこだわり、革新的な技術を追求しています。大七といえば生酛。それは伝統と革新が共存する日本酒醸造の極み。「山田錦」や「五百万石」など産地との交流でしっかり管理された酒米を使用しています。

大七の酒

誇りを持ってお届けする最高の食中酒「妙花闌曲」、その頂点の彼岸をめざした「妙花闌曲グランドキュヴェ」、鑑評会史に金字塔を打ち立てた「宝暦大七」、国内外で賞賛を博す純米大吟醸「箕輪門」、前菜からメインまで1本でまかなえる吟醸酒「皆伝」、木桶仕込みの純米酒「楽天命」、濃密に旨みが詰まった「純米生酛CLASSIC」、先人達の長い積み重ねの末に誕生した「純米生酛」、世界を瞠目させたリキュール「生酛梅酒」。自信をもっておすすめする9つの代表アイテム。それそれのこだわりの物語をお楽しみください。

販売店・料飲店

国内 Japan

買える店 飲める店

海外 Overseas

買える店 飲める店